ゲームと生きる私の部屋

ゲームがなくても頑張れますか?

2018年、中国の研究者である南方科技大学の賀建奎(HeJiankui)氏が、DNAのゲノム配列を自由に入れ替えることができる技術「CRISPR-Cas9」を使い、「遺伝子編集でHIVに耐性を持つ双子を生み出すことに成功した」と発表しました

time 2019/12/09

2018年、中国の研究者である南方科技大学の賀建奎(HeJiankui)氏が、DNAのゲノム配列を自由に入れ替えることができる技術「CRISPR-Cas9」を使い、「遺伝子編集でHIVに耐性を持つ双子を生み出すことに成功した」と発表しました

1:2019/12/06(金) 17:06:51.40ID:WcT3rFvE9 2018年、中国の研究者である南方科技大学の賀建奎(He Jiankui)氏が、DNAのゲノム配列を自由に入れ替えることができる技術「CRISPR-Cas9」を使い、「遺伝子編集でHIVに耐性を持つ双子を生み出すことに成功した」と発表しました。賀氏はその後行方不明となっていると報じられていますが、未発表論文のコピーを専門家がレビューした結果、「研究は失敗に終わっていた可能性が高い」と報じられています。

China gene-edited baby experiment ‘may have created unintended mutations’ | Science | The Guardian
https://www.theguardian.com/science/2019/dec/04/china-gene-edited-baby-experiment-may-have-created-unintended-mutations

Scientists slam Chinese gene-edited babies research after manuscript released – CNA
https://www.channelnewsasia.com/news/asia/scientists-slam-chinese-gene-edited-babies-research-after-12149866

China’s failed gene-edited baby experiment proves we’re not ready for human embryo modification
https://theconversation.com/chinas-failed-gene-edited-baby-experiment-proves-were-not-ready-for-human-embryo-modification-128454

2018年11月に研究内容が発表された後、2019年1月には遺伝子編集された「露露(ルル)」と「娜娜(ナナ)」の双子の存在が確認され、賀氏は警察の捜査対象になったと報じられました。一方で、賀氏は2018年11月末に香港の国際会議に出席して研究結果を発表して以来、公の場に姿を現わしておらず、一説では「賀氏が自宅軟禁もしくは警察に拘束されているのではないか」ともささやかれています。

中国でゲノム編集された双子の実在を確認、臨床実験を行った中国の科学者は警察の捜査対象に – GIGAZINE

そんな中、科学技術系雑誌のMITテクノロジーレビューは2019年の初頭に、匿名の情報源から賀氏の未発表論文のコピーを入手したとのこと。賀氏は論文を少なくともNatureとJAMAに投稿していたそうですが、いずれの学術誌も検討の結果掲載を拒否しています。

賀氏の研究には多くの批判が集まっていましたが、論文や実験データが公開されておらず、詳細については不明のままでした。そこで、サイエンスライターのAntonio Regalado氏は未発表論文を法学者、体外受精の医師、発生学者、遺伝子編集技術の専門家らにレビューしてもらい、研究の妥当性について調査を行ったとのこと。その結果、賀氏の研究からは倫理および科学的規範の逸脱など、数多くの問題点が浮かび上がってきたそうです。

まず、賀氏は広く「遺伝子編集技術によってHIV耐性を赤ちゃんに与えることができた」と主張していましたが、実際に赤ちゃんにHIV耐性を持たせることに成功したとのデータはありませんでした。一部の人はCCR5という免疫系に関与する遺伝子に変異を持っており、このタイプの変異を持つ人々はHIVに耐性を持っていることが知られています。賀氏はこのCCR5の変異を遺伝子編集で再現することにより、赤ちゃんにHIV耐性を持たせたと主張していましたが、レビューした専門家らによると、賀氏の試みは失敗していたとのこと。

賀氏の研究チームは確かにCCR5を標的に遺伝子編集を行っていましたが、既知の突然変異を完全に再現した編集はできておらず、「HIV耐性の獲得にはつながらないかもしれない突然変異」を作り出していたと専門家は指摘。カリフォルニア大学バークレー校で遺伝子編集について研究するFyodor Urnov教授は、「彼らがCCR5の突然変異を再現したという主張は、実際のデータを露骨に不正表示したものであり、『意図的な虚偽』といえます」と非難しました。

https://i.gzn.jp/img/2019/12/06/gene-edited-baby-unintended-mutations/01_m.jpg

続きはソースで

https://gigazine.net/news/20191206-gene-edited-baby-unintended-mutations/

343:2019/12/06(金) 18:35:08.85ID:OoFX0ULg0

>>337
西洋では馬に人間の胴体付いたり羽が生えたり
漫画的な発想は昔からあったんかね

710:2019/12/06(金) 23:18:58.18ID:Yk7lvO5W0

>>452
200万年前からほとんど進化してないよ

784:2019/12/07(土) 05:45:46.83ID:Wik6v84k0

私は多分、3人目だと思うから

686:2019/12/06(金) 21:58:48.55ID:19NvrSEy0

ペスト流行ってるんだっけ?

639:2019/12/06(金) 21:02:33.95ID:J615t44n0

ゼオライマー?

39:2019/12/06(金) 17:17:21.39ID:0EGxCrJo0

>>19
発症したら用済みで殺すのか

157:2019/12/06(金) 17:37:43.65ID:hq7LLMbM0

>>132
人工子宮で羊の赤ちゃん育つから
その内人間もいけるようになるんじゃね

878:2019/12/08(日) 12:58:32.10ID:MPoLPleU0

のちの天津飯である

722:2019/12/06(金) 23:34:45.67ID:0wYXSTzV0

突然変異で超人化した赤子に殺されたんだな

593:2019/12/06(金) 20:24:17.26ID:UDz7nvqR0

中国は内戦の度に、家族や子供でも食べて生き延びた歴史があるからな
人肉を食う文化は数千年の歴史がある。
孔子も人肉の塩漬けが大好物だったからな

403:2019/12/06(金) 18:55:30.06ID:fqcMHBp70

おい在日中国人!
部屋の中で作業するな!
在日中国人全員死ね!

196:2019/12/06(金) 17:46:18.32ID:WEYchOHQ0

研究者も双子も軍の極秘研究施設に居るよ

759:2019/12/07(土) 01:22:17.78ID:KOIICFbN0

人類誕生から1万年くらいだっけ
そろそろ終焉のサイクルに来たと思う
自滅しようとしてる
子孫を残せなくなってきたから

349:2019/12/06(金) 18:36:08.70ID:Vmq7aMVn0

人造人間イデンシクミカエダー

431:2019/12/06(金) 19:03:47.83ID:FT5RFCKF0

俺用の美女のクローンを・・・
いや何でもない

475:2019/12/06(金) 19:14:59.61ID:1RCsyQIu0

突然変異した双子の赤ちゃんに食われてしまったに違いない
赤ちゃんはもうすぐ君の街にやってくる!

833:2019/12/07(土) 15:31:41.69ID:4IUuZGn20

>>383
深いね〜

233:2019/12/06(金) 18:00:55.65ID:piIKc/yB0

警察犬も既に投入してるしね
中国ならやるでしょう

529:2019/12/06(金) 19:29:41.60ID:Y1ihFgN40

外国から移民を入れるのと、単純労働用クローン人間開発ならどちらがいいのだろうか。
ロボットが間に合わない場合。

713:2019/12/06(金) 23:27:01.42ID:EYjI3eXT0

>>711
そのとおり
宇宙人といえばグレイ
そのグレイには毛がない
つまりな

created by melloblo

down

コメントする




Optionally add an image (JPEG only)

広告

広告

最近のコメント

    スポンサーリンク

    

    広告

    tousann1.gif