ゲームと生きる私の部屋

ゲームがなくても頑張れますか?

「スレイマニ氏殺害は、そんなに変わった事件だろうか」

time 2020/01/10

「スレイマニ氏殺害は、そんなに変わった事件だろうか」

1:2020/01/09(木) 17:49:22.53ID:+xz6w8kM9 https://rpr.c.yimg.jp/amd/20200109-00158050-roupeiro-000-27-view.jpg
1月8日、イランの出身地で埋葬されるスレイマニ司令官(写真:ロイター/アフロ)

まず筆者は、アメリカの暴挙も、非民主的な宗教的独裁国家も、両方反対であることは最初にはっきり書いておきたい。

その上で、スレイマニ司令官殺害の騒ぎを見ていて、ずっと思っていたことを書きたいと思う。

「スレイマニ氏殺害は、そんなに変わった事件だろうか」。

筆者には、歴史上、実によくあることに見える。

この問いを考えることは、なぜスレイマニ司令官は殺されたのかの答えと同じになる。

一言で言うのなら、アメリカとイランの共通の敵、アルカーイダやイスラム国の脅威が薄れてきた今、こうなったのは当然ではないのかと思うのだ。

まずは、大変おおざっぱにこの地域の最近の歴史を見ながら、説明していきたい。

伝統的な関係とは

アメリカは、サウジアラビア等と仲が良い。友好国である。理由は主に石油である。

そして、サウジアラビア等は、イランと大変仲が悪い。理由はイスラム教の宗派である。サウジアラビア等はスンニ派、イランはシーア派だからだ。かつて欧州で、カトリックとプロテスタントが血で血を洗うほどいがみあったのと似ている。

それなら、アメリカはイランと仲が良いのか。昔は仲が良かった。かつてイランのパフラビー(パーレビ)国王は、米英の強い支援を受けて統治できていたからだ。

しかし1979年、イラン・イスラム革命が起きた。これは、イスラム教で国をまとめ、アメリカの支配を排除することが目的の革命である。この革命を機にがらっと変わった。このときから、アメリカとイランは犬猿の仲、敵同士となっていた。

つまり単純化した公式で言うと、アメリカ+サウジアラビア等(スンニ派) VS イラン(シーア派)となっていた。

これを変えたのが、イスラム過激派の台頭である。

過激派と親米国がつながっているという疑惑

重要なのは、過激派の人達はほとんどがスンニ派であるということだ。

もともとスンニ派とは多数派という意味だと説明されることがある。過激派は多数派の中から生まれたという、単純な事実を見たほうがいいだろう

最初は、アルカーイダだ。

敵の敵は味方

アメリカにとっては、頼りのはずの中東の親米国家が、信用できなくなってきた(公式には相変わらず「友好国」なのであるが)。

ここでアメリカが頼りにしたのが、シーア派のイランだった。頼りというよりは、利用したというほうが正確だろう。

スンニ派仲間でグルになっているという印象を与える人達よりも、彼らの敵、シーア派のほうが頼りになると思えたのだろうか。

一方でイランにとっては、スンニ派の過激派もサウジアラビア等も、どちらも敵のようなものだ。イランにとっても、アメリカは接近する価値がある国となっていた。

イランにとってアメリカは「敵の敵=味方」となった。これはアメリカにとっても同様だろう。

ただし――ここが大変ややこしいのだが――アメリカは親イラン国になったわけではない。親サウジアラビア等の公式ポジションを止めたわけではない。イランも、反米国家の看板はそのままである。公式(?)には、相変わらず敵同士ということになっている。

それでもお互いの利益になるし、共通の敵をもっているのだから、共に協力できるところはしよう。ただし間接的な形で――ということである。

ここで活躍したのが、スレイマニ司令官である。

全文はソース元で
1/9(木) 13:11
https://news.yahoo.co.jp/byline/saorii/20200109-00158050/

77:2020/01/10(金) 14:04:28.30ID:acZcfqha0

>>1
テロリストの親玉だからだろw
何グダグタ書いてんだ頭わりーなw

11:2020/01/09(木) 17:58:23.66ID:mnyS6rBn0

>>9
だな。馬鹿にしとるぜよ。発言時の態度からして。むかつくよ。

7:2020/01/09(木) 17:55:10.09ID:dCq39jH/0

プロの軍人は、殺される覚悟があるから相手を殺せる
それだけの事、職務上の一つ

17:2020/01/09(木) 18:05:51.33ID:wFmpF2+G0

ブッシュ・ネトウヨ大統領2007年8月22日米カンザスシティー演説

「敵は自由を嫌い、アメリカや西欧諸国が自分たちをさげすんでいることに怒りを抱き、
大虐殺を産み出した自殺的な攻撃を繰り広げました。どこかで聞いた話のようですが、
私が述べる敵とは、アルカイダではなく、9.11テロでもなく、オサマ・ビンラディンでもなく、
パールハーバー(真珠湾)を攻撃した1940年代の大日本帝国の軍隊のことです」
中略
「民主主義は日本では決して機能せず、日本人もそう思っているといわれてきたし、
実際に多くの日本人も同じことを信じていました。民主主義は機能しないと」
「日本の国教である『神道』があまりに狂信的で、天皇に根ざしていることから、
民主主義は日本では成功し得ないという批判もあった」

63:2020/01/09(木) 20:28:28.91ID:4pPEflrP0

坊やだからさ

79:2020/01/10(金) 14:32:27.69ID:86EF/RtM0

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/58843

35:2020/01/09(木) 18:35:45.42ID:5KV86Mzg0

いい記事だ
全文を読んだらいい

3:2020/01/09(木) 17:51:01.61ID:dCq39jH/0

因果応報
人を殺してれば殺される

74:2020/01/10(金) 12:03:44.87ID:o0hETO8h0

中東情勢なんて知らなくてもいい。
石油だけ売ってくれりゃイスラムでもユダヤでも構わんよ。
日本人の代表として言わせてもらったよ。

33:2020/01/09(木) 18:29:11.92ID:fmqw7wr40

カリアゲしょんべん漏らした

69:2020/01/09(木) 23:07:20.93ID:qb4G17Lr0

ID:iAFU+6N90みたいな奴が知ったかして間違った知識を広めるのなんとかならないかな

40:2020/01/09(木) 18:49:43.30ID:CNLE23+M0

イラン側に米に内通してスレイマニを消したがってたヤツがいるんだろ

64:2020/01/09(木) 20:29:15.40ID:4pPEflrP0

>>61
クンニ派とオパーイ派だろ、間違えるなよ

76:2020/01/10(金) 14:01:09.07ID:PQ1iyZfY0

>>71
それだけ?

36:2020/01/09(木) 18:35:48.80ID:dUhlUP4L0

>>1
元記事全部読んだけど、スレイマニが殺されたのはイラクの首都バグダッドで、イラクはスンニ派のアラブ人の国との視点がすっぱり抜けてる。

おまけにスレイマニがイラン民兵組織のトップという認識は、「イラン革命防衛隊」が民兵の集まりという事実誤認であるので、だからこの解説は的外れ。

24:2020/01/09(木) 18:15:37.28ID:yN4wOWRT0

>>19
世界遺産がちゃんと綺麗に残ってて
教育レベルも高い

宗教も違うしそもそも彼らはアラブ人じゃなくてペルシャ人だし

日本と他のチャイナ&子分達とは東アジアだからといって一緒にできないのと似てる

49:2020/01/09(木) 19:13:41.33ID:+HSDi0nn0

主戦派だろ

48:2020/01/09(木) 19:12:55.49ID:iqiH2Ok80

そんでイランの核はできるんか?

26:2020/01/09(木) 18:17:50.41ID:iAFU+6N90

>>14
その傾向はある。革命防衛隊は大統領の言うことすら聞かんし。

38:2020/01/09(木) 18:43:01.15ID:tglUGNsb0

>>37
イランとアメリカっていつも机の上では口喧嘩してるけど机の下では握手してるイメージ

created by melloblo

down

コメントする




Optionally add an image (JPEG only)

広告

広告

最近のコメント

    スポンサーリンク

    

    広告

    tousann1.gif