ゲームと生きる私の部屋

ゲームがなくても頑張れますか?

■自己肯定感なんてゼロ非正規労働者の「非」も、就職氷河期の「氷」も

time 2020/01/11

■自己肯定感なんてゼロ非正規労働者の「非」も、就職氷河期の「氷」も

1:2020/01/10(金) 23:38:25.13ID:hB6aNPOR9 ■自己肯定感なんてゼロ

非正規労働者の「非」も、就職氷河期の「氷」も。これらの字を目にするだけで苦痛だと、ケンタさん(仮名、47歳)は言う。ただただ怒りや悲しみ、虚しさが募るのだと。

30歳を過ぎてからは、非正規雇用の仕事を転々としてきた。「努力も、自己研鑽もしました。でも、ここなら働き続けられると思ったら、雇い止め――。これの繰り返しです。(手取りで)15万円の壁が超えられない。自己肯定感なんてゼロです。自己責任というなら、お願いですから、誰か20万円稼げる方法を教えてくださいよ」。

30歳のとき、大手飲料メーカーの子会社に契約社員として入社。営業を担当し、自家用車でスーパーなどを回った。しかし、1日に何度も重いケースを上げ下ろししなければならず、椎間板ヘルニアを発症。5年足らずで雇い止めにされた。

しばらくアルバイトで食いつないだ後、別の大手飲料メーカー子会社に就職。雇用条件は「3年更新の契約社員で、3カ月空けて再契約することができる。正社員登用あり」だった。腰の調子もよく、「定年まで働き続けるつもりでした」。しかし、折あしくリーマンショックに遭遇。1回目の期間満了前に「次の更新はない」と告げられた。このとき、上司はケンタさんにこう説明したという。

「コンビニとか、タクシーとか、便利なものは高いでしょ。君たちの給料が高いのは、短期間だけど、その間にちゃんと稼いでもらうためでもあるんですよ」

最初は意味がわからなかった。しかし、後になって「お前たちは使い捨てできる便利な労働力だから、その分、高い給料を払っているんだ」という意味だと理解した。「いずれ路頭に迷うのかと思うと、仕事への意欲が失せました。給料ですか??自家用車の維持費を含めて29万円くらい。言われるほど高給じゃありません」。

そもそも、会社はケンタさんを本当に雇い続ける気があったのか。「3カ月空けての再契約」は、非正規労働者をいつでも雇い止めにできるようにしたい会社の典型的な手口だ。ましてや正社員になれた人などいるのだろうか。私がそう尋ねると、ケンタさんはこう答えた。「過去10年間で、全国の契約社員の中から1人だけ正社員になった人がいると聞いています。毎日早朝から夜遅くまで残業する、伝説の契約社員として有名な人でした」。

このときの雇い止めが原因で、ケンタさんはメンタル不調に陥ってしまう。病院で、うつ病と診断された。さらに、別の大手飲料メーカー子会社の契約社員になったが、うつ症状がぶり返し、1年もたなかったという。

■食べていけるだけの給料が欲しかった

その後は大手自動車メーカー系列の販売店で、洗車を担当するパート社員になった。ここでは、まじめな仕事ぶりもあり、正社員との関係も良好だった。顧客から洗車が丁寧だと感謝されると、整備士たちは必ずそれをケンタさんの耳にも入れてくれたという。

問題は給料の低さだった。毎月の手取りは14万円ほど。年末年始やゴールデンウィークなどの大型連休時に店舗が休みになると、手取りは10万円を切ることもあったという。

とても暮らしていけない――。大型連休中に数日でいいから、別の年中無休の系列店で働かせてもらえないかと、上司に直談判したが、色よい返事はもらえなかった。やむをえず、パン工場でアルバイトを始めたが、洗車は基本中腰、パン工場は常時立ちっぱなしということもあり、体がもたなかった。しんどさのあまり、アルバイトを辞めてみたら、危うくその月の家賃を滞納しかけたという。

体がボロボロになるまでダブルワークをするか、家賃を滞納してでも洗車1本でいくか――。悩んだ末、洗車の仕事を辞めて別の仕事を探すことにした。

「働き続けたかったです。仕事は評価されていたと思います。辞めると言ったとき、上司は引きとめてくれましたから。だったら、食べていけるだけの給料が欲しかった……。パートは、事務職も、洗車担当者も、みんな同じような待遇でした。以前、パートが何人か集まって、給料を上げてほしいと、上司と交渉していたのを見たこともあります」

以下全文はソース先で

■政府は守ってくれず、食事に気を遣う気力も余裕もない

2020/01/10 5:40 東洋経済オンライン
https://toyokeizai.net/articles/-/323291
https://toyokeizai.net/mwimgs/c/4/-/img_c434b0437fba434a115972d7561c69a4816814.jpg

★1が立った時間 2020/01/10(金) 15:53:35.31
前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1578662591/

219:2020/01/11(土) 00:06:11.15ID:MFP6pbk00

>>141
意味分からん
どこにあるのかも知らないほど無知なのに
何が無理なのかw

499:2020/01/11(土) 00:31:03.54ID:n47gc8+30

自動販売機の補充の仕事とかも結構楽そうに見えるけどどうなんだろうね
多少力仕事にはなるけど

963:2020/01/11(土) 01:18:48.37ID:UhQFVHVA0

>>959
余裕ない物言いは大抵貧乏人だよ
裕福だと他人を心配できる余裕がある

178:2020/01/11(土) 00:02:34.76ID:lS0IpTCE0

>>77
努力のベクトルが間違っていると、収入にはつながらない
だが、収入につながらなくても本人が満足できる場合もあるので、それがすべて悪いわけじゃない
たとえば趣味の音楽で全然儲からなくても、満足できる音楽作れればいいやって人もいる

13:2020/01/10(金) 23:43:09.32ID:nYxlvX600

パチプロになれば?

259:2020/01/11(土) 00:09:46.87ID:j1puPhH50

仕事が無い奴は介護やれよ
ひとが足りないと言ってたぞ

363:2020/01/11(土) 00:19:37.15ID:UlCFam8a0

前川さんちは、世界有数のグローバル企業だからね。
加えて、第二次対中O.DAの中曽根さんちとは外戚関係にある。

「ネトウヨ」とかいうのは蔑称だよ。
それを自認してはばからないアホどもは、敵対勢力がやってる「人工芝」ってことだな。

「日本人だから必ず優秀だ!」なんてことはもちろんないね。

こういうのは、自民党の政治家や、その支援者らが、
選挙のときに、一致団結をする場面で言っているだけだよ。

あとまあ、最近は中国の経済成長が著しいから、
媚中派の人たちは、経済協力を続けていくために、国民をなだめる意図をもって、やってんだろうね。

もし、日本人の優位性が絶対的なものであるのなら、中国脅威論なんてものは必要ないわけだからね。

中国とビジネスをしている人は儲かっているから、当然ながら、批判はしないね。
しかし、そうでない人たちにとっては、産業空洞化の問題やら、少数民族の迫害と、
社会問題のデパートみたいな存在なんだよ。

日本の政財界は、中国との関係が深いから、
64天安門事件のようなことがあったとしても、邪険にはできないんだよ。

しかし、選挙には勝たないといけないから、
表向きは、険悪なことを言ってるんだろうね。

大多数の国民は、そんな彼らを信じ切っているが、
領土だとか、巨額の税金を献上するとなれば、
やはり批判の声が上がるのは当然のことだろう。

公害問題でいうところの、企業と住民の関係だよ。

874:2020/01/11(土) 01:08:52.75ID:XYqsNGnJ0

つか、ぜーんぶ嘘松

自己責任論やら世代論で
まともに相手してるほうがおかしい

同じ世代だがこいつと同じ立場なら、
犯罪でもなんでもやるね

こういう貧を売りにするのって、清貧の思想だから

昔、清貧の思想って本あったわけよ
そんな思想もてる時点で、上級国民でホルホルしてた連中がいたわけだ

貧をアピールとか、ほんとの氷河期世代から言わせりゃ、
○意でしかないわ

まあ、こいつの話は勝ち組の妄想嘘松だろうけど

319:2020/01/11(土) 00:15:28.24ID:oWwxECtw0

>>304
バブル世代は基本1960年代生まれだからな

973:2020/01/11(土) 01:20:02.17ID:mwOAENlH0

>>968
お前、実家
貧乏なん?

大変だな

766:2020/01/11(土) 00:57:37.40ID:XYqsNGnJ0

>>741
昔さ、一杯のかけそばやら清貧の教えだかの本が流行った時期あったけども、
全部嘘松だった

その本書いた人が印税で儲けただけ

47歳、そこまで弱者で生き残ってるなら、
弱者からみて、十分強者の意見だと思う

775:2020/01/11(土) 00:58:49.11ID:iEfoiXZk0

>>9

大工見習ってまだマックのバイトの方がまだいいレベルだからな

まず底辺中の底辺が集まってるから、人間として問題あるやつしかいない
怒鳴るのは日常茶飯事で、やさしい性格だといじめにあうから皆口調が厳しい
(おめえそんなこともできねえのか! おいっ ぼけっゴラなにしてんだっ! なんでお前そんなこともできないの? 等)
そしておもっくそ力仕事を押し付けられる

566:2020/01/11(土) 00:36:06.56ID:xJ5QI/Rb0

おまいらは一度精子だったころを思い出したほうがいい

683:2020/01/11(土) 00:48:11.01ID:f5bcdStl0

国家資格を得たおかげで高収入だけど、ぶっちゃけ親の財力がないと無理やったな
生まれた環境のおかげでここまで来れたとわかってる分、自己責任論は同意できないわ

311:2020/01/11(土) 00:14:49.84ID:oWwxECtw0

>>297
嫁の実家が富裕層なんじゃね?

692:2020/01/11(土) 00:49:18.41ID:/GFBSCyM0

9月2日に財務省が発表した『年次別法人企業統計調査』(平成30年度)によれば、2018年度の内部留保(税金剰余金)は7年連続で過去最大を更新して463兆1308億円となっている。

やはりトリクルダウンは迷信だったと言えそうだ。経済産業省の経済産業政策局産業資金課が公開している『事務局説明資料2019年11月』に次の一文があった。

“企業の経常利益は過去最高となっているが、人件費や設備投資の伸びは弱い。一方、企業が保有する現預金や配当の伸び率は高い。”

 そこには『大企業の諸数値の推移』というグラフがあり、2007年〜2018年の間の「現金・預金」「経常利益」「配当金計」「従業員給与・賞与」「設備投資(ソフトウェアを除く)」の各変化が視覚化されている。
目立つのは「現金・預金」と「経常利益」の右肩上がりだ。大企業は儲けを増やし続けている。次に右肩上がりなのは「配当金集計」だ。

 一方、「従業員給与・賞与」は哀れなほど横ばいなのだ。そこで、上記の“企業の経常利益は過去最高となっているが、人件費や設備投資の伸びは弱い。一方、企業が保有する現預金や配当の伸び率は高い。”という結論になったのだ。

 やはり儲けは内部留保と配当金に流れていったのであり、トリクルダウンなど起きていなかった。

337:2020/01/11(土) 00:16:58.32ID:UhQFVHVA0

>>328
僕には死ぬ義務があるんでしょうか

677:2020/01/11(土) 00:47:26.71ID:7W1Rz3090

>>614
>>654
まさに昭和脳のキチガイ

そのくせ最低賃金しか払わない

184:2020/01/11(土) 00:03:06.93ID:7W1Rz3090

>>158
ユニクロ柳井なんかスタッフを時給900円でこき使うけど
自分の資産は2兆円。
毎年1億円使っても使い切るのは2万年後。

93:2020/01/10(金) 23:53:12.85ID:uR4++WaN0

>30歳を過ぎてからは、非正規雇用の仕事を転々としてきた。
>30歳のとき、大手飲料メーカーの子会社に契約社員として入社。

どうせ30才の時点で入っては辞めて入っては辞めてのゴミみたいな職歴だったんだろ?

created by melloblo

down

コメントする




Optionally add an image (JPEG only)

広告

広告

最近のコメント

    スポンサーリンク

    

    広告

    tousann1.gif